函館山登り

更新日:2021.10.29

こんにちは、たまえ店長です(^^)

先週末、次女と四女と甥っ子、姪っ子を連れて5人で函館山に登りました。


函館山は標高約330mで、幼児でも歩いて登れる緩やかな傾斜の登山道があります。

湯川の温泉街から海岸道路を通って見える函館山は端から端まで見渡せ、
その姿が牛が寝そべるように見えるという事から臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれています。



朝晩の冷え込みが厳しくなってくると、雪虫がふわふわ飛び始めます。

お尻の部分が雪のような白い綿状になっているため、「雪虫」と呼んでいます。

雪虫が飛び始めると、「そろそろ雪が降るね」と感じられることが多い為、
冬の到来を告げる風物詩として特に子どもたちに親しまれています。





甥っ子は4歳ですが、通っている保育園が運動に力を入れていて、
すでに細マッチョな肉体美の持ち主です (笑)

自分のことはできるだけ自分でやらせる方針なので、リュックもちゃんと背負い、
最後まで自分の足で歩き、逞しく成長している姿を見せてくれました。



あと、もう少しで山頂です。途中おやつタイムや景色を楽しみながら。



西日がまぶしい山頂です。


展望台から見下ろす函館の街並み。

写真奥の右側の山を越えると昆布漁が盛んな「旧南かやべ地区」で昆布村があります。

函館山からだと車で1時間くらいです。


夜は久しぶりにふのりのお味噌汁にしました。

2月頃、採れたふのりをそのまま冷凍していたものを使いました。
身がシャキシャキしていてとても美味しいです♪

私は具だくさんが好きなので、この日はふのりたっぷりにキャベツも入れました。

今日は嬉しい週末♪今日も楽しく頑張りましょうね♪




たまえ店長

能戸たまえ(店長)です。 昆布の魅力にハマり、美味しくて体に良い昆布を広める活動に人生を捧げる。 趣味:旅行、水泳、ピアノ、散歩  四姉妹の母

この人の記事をもっと読む
一覧へ戻る
PAGE TOP