がごめ昆布とは?特徴・栄養・効果

更新日:2021.07.28

がごめ昆布は、函館周辺の限られた地域でしか採れない、希少な昆布です。
その特徴は健康や美容に良いと言われているとろみ成分「水溶性食物繊維」が、他の昆布より多く含まれているということです。

がごめ昆布とは?

がごめは、昆布の仲間です。
表面が凸凹で「かごの目」のようなところから「がごめ昆布」と呼ばれるようになったと言われています。
正式名前は「がごめ」で、褐藻コンブ目コンブ科トロロコンブ属に分類されます。

デコボコ?
「がごめ」の外見の一番の特徴は、葉の全面に見られる籠紋状の凹凸紋様です。
葉は長さ3m、幅20~50cmにもなり、一生このデコボコ模様は消えません。

がごめ昆布はどこで獲れるの?

分布範囲は渡島小島、 福島町から函館、鹿部、室蘭と東北地方の北部です。
函館市周辺が最大の漁場ですが、採れる量も少なく希少価値の高い昆布です。
尾札部町は、古くから献上昆布の産地であり、がごめ昆布の産地でもあるのです。

がごめの「とろみ」

がごめの特徴であるとろみの主成分は、良質の水溶性粘性多糖類または水溶性食物繊維

  • フコイダン
  • アルギン酸
  • ラミナン

で、中でも、フコイダンの含有量はほかの昆布と比べても2倍以上とされています。これらの栄養素が健康と美容の維持に役立つとされ、さまざまな用途での活用が進んでいます。

がごめ昆布のパワー

がごめ昆布に含まれる栄養素は、健康維持や美容に良いとして、注目されています。
がごめ昆布に含まれている成分の働きはいろいろあるようです。

「フコイダン」
抗がん作用、免疫機能の向上作用、高血圧・高脂肪化抑制作用

「アルギン酸」
高血圧の抑制や腸内の不要物の排出に効果

「ラミナン」
肌の保湿効果や血管内の血栓を溶解

とは言っても、がごめ昆布は、薬ではありません。
毎日の食事では栄養をバランスよく摂ることや睡眠や運動も大事ですね。
昆布は一般社団法人 日本スーパーフード協会でも推奨されています。
ぜひ昆布を食べて健康的な毎日を過ごしていただけたらと思います。

たまえ店長

能戸たまえ(店長)です。 昆布の魅力にハマり、美味しくて体に良い昆布を広める活動に人生を捧げる。 趣味:旅行、水泳、ピアノ、散歩  四姉妹の母

この人の記事をもっと読む
一覧へ戻る
PAGE TOP