ナツコ誕生STORY 1

更新日:2021.08.01

ナツコをお買い上げ頂いた
お客様には、

「夜のお酒を飲みながらの
くつろぎタイムに♪」

「仕事の合間に
ポリポリっと^^」

そして、
「・・食べだすと
止まらない!」

という方が多いようです(^^)

(画像をクリックするとNutsko70gページへ飛びます)

今日はナツコ誕生までの
商品開発のお話をしますね。


ナツコが生まれたのは、


昆布の生産量が日本一の
函館市尾札部(おさつべ)町です。


函館空港から東へ
海にぶつかるまで車で30分。


目の前が海、後ろは山だけ。


風光明媚な田舎です。


走る車は軽トラ、


歩くのはジャージの漁師、


夏は昆布の匂いが充満。

・・・無、無理です。

    この匂い(-“-)


私が嫁いだ当初は
この匂いとの戦いでした。


今では鼻が慣れて、
   ・・・何も感じません。


目の前の海で育つその昆布は


昔、天皇家に献上する昆布として


北海道で唯一選ばれた
貴重な「真昆布」でした。


普通、昆布には産地名が
付いていますよね。


日高昆布・利尻昆布・羅臼昆布。


それで言うと
函館昆布又は渡島昆布でも
良かったと思うんですが。


《昆布の中の真(まこと)の昆布》


(男の中の男♡ってことかしら♪)


北海道を代表する
最高級の昆布!!!


ということで


「真昆布」と命名されたそうです。


す、すごいですね!!!


由緒正しき北海道を代表する
立派な昆布だったんですね~。


日本一の生産量の函館で
日本一の最高級献上昆布の
産地「尾札部町」に


私は来た(嫁いだ)んだ。


私って、最高!!!


・・・?


若かった私は前向きでした。


話は飛びますが、
私はいろいろあって


2014年に昆布村 能戸フーズを
始めることにしました。


四女が2歳くらい
だったでしょうか。


人生、生きていれば
   いろいろある…( ;∀;)


詳しくはこちら
店長ストーリーをどうぞ。


会社を始めて数年たったある日、


漁師のお母さんが感じている
疑問や想いを私に話してくれました。


その想いを聞いた私は


その後ずっとその言葉に
突き動かされ続けています。


その想いとは・・・


話が長くなりましたので
続きはまた次回にしますね。

ナツコ誕生STORY 2はこちら

たまえ店長

能戸たまえ(店長)です。 昆布の魅力にハマり、美味しくて体に良い昆布を広める活動に人生を捧げる。 趣味:旅行、水泳、ピアノ、散歩  四姉妹の母

この人の記事をもっと読む
一覧へ戻る
PAGE TOP