店長story 26 《ディズニー2》

更新日:2020.05.07

〇前回までの店長story 25はこちら

バスに酔った次女を
何とか介護していると
窓からディズニーランドと
宿泊するホテルが見えてきました。

尾札部の町がすっぽり
埋まってしまうんでないの?

と思うほどすっごく
大きくてびっくりしました。

そしてついに夢の国
ディズニーランドへ~♡

子ども達がまだ小さいので
メリーゴーランドや船に乗る
「イッツ・ア・スモールワールド」

コーヒーカップの
「アリスのティパーティ」に乗りました♪

メルヘンだわ~
なんかうっとりします。

「プーさんのハニーハント」は
絶対に喜ぶだろうと思い
結構な時間並んで乗りましたが、

・・・三人には不評でした。

途中暗くなったりして
怖かったそうです。

「ピーターパン空の旅」という
乗り物では次女、三女が怖がり
結局長女が一で人乗ることに。

暗闇に一人消えていく長女
、、、なんかかわいそう。

こうゆう時主人がいれば。。。
ここで、不機嫌な子ども三大あるある~

1.歩きたくない!
2.眠たい!
3.お腹空いた!

そこは魔法のお菓子「チュロス」と
「ポップコーン」で乗り切りました (笑)

三女は頭につけるふわふわバンド?を
欲しいとごねだしました。

値段を見ると、2,500円!!!
たかがカチューシャで!!?

夢の世界はなんでも
高いんですね。。。汗

値段を見る度に現実の世界に
引き戻されますわ。(^^;)

次女
「じゃあ、わたしも買って~(^^)ニコ」

「じゃあ」って?(-“-)

「ほしい!ほしい!」 と
二人でごねるのでしょうがなく
買ってやりました。

そして、そろそろ私が
限界を迎える出来事が・・・。

「モンスターズインク
ライド&ゴーシーク」という
アトラクションのすごい長蛇の列に
30分以上も並んでいました。

入口も見え、あともう少し!!と
言うところで、長女

「やっぱり乗りたくない」

・・・すぐに理解できず
一瞬言葉が詰まりました。

超ド級の身勝手なわがままに
大人の頭では理解が出来ずただ茫然。。。

何度も説得しましたが本人が
乗りたくないものに乗っても
つまらないと思い泣く泣く
列から外れました。

子どもって、
未知だわ~( ;∀;)

ミッキーの家でもミッキーと
写真撮りたくないって言うしっ💢

ミッキー困ってたわ!

次の日の朝食はホテルの
ビュッフェに行ってみました。

ここでも衝撃が。
〈 幼児 1,500円 〉て。。。

南茅部だったら
お寿司の特上ランチが
食べれるわ!

「みんな、お腹の調子は
万全ですか~!?」

「は~い!!早く食べた~い!!」

よし!元は取れるな。

という事で、朝から夜ご飯並みに
みんなでたくさん食べました♪

子ども達は楽しんでくれたかな?

私はまた怒ってばっかりだった
ような気がします。

帰りの飛行機の中で
思いました。

さよならディズニー
もう10年は、来なくて、いいや。

————————————————–
次回の「店長story 27」
————————————————–

辛いことも多かったですが、
自分の人生の舵取りをする為に
必要な経験をたくさんしたと思います。

この店長STORYは
昔の暗い話ばかりが続きますが

読んだ感想や応援メッセージを
頂けると嬉しいです(^^)

たまえ店長

能戸たまえ(店長)です。 昆布の魅力にハマり、美味しくて体に良い昆布を広める活動に人生を捧げる。 趣味:旅行、水泳、ピアノ、散歩  四姉妹の母

この人の記事をもっと読む
一覧へ戻る
PAGE TOP